エンジンがかかりにくいのは、バッテリー劣化が原因│車検・整備 高島市

サブページメイン画像

  • HOME
  • 車検・整備
  • エンジンがかかりにくいのは、バッテリー劣化が原因│車検・整備 高島市

エンジンがかかりにくいのは、バッテリー劣化が原因│車検・整備 高島市

 カーバッテリーが劣化するとエンジンがかかりにくくなる

バッテリーの劣化が進んで性能が落ちてしまうと、「エンジンがかからない」など大きなトラブルに繋がります。

バッテリーは経年で劣化する消耗品なので、性能が低下してトラブルに繋がる前にきちんと交換しければなりません。そのためにはバッテリーの寿命や不調のサインを知っておくことが大切。

今回は、バッテリーの寿命についてご説明いたします。

 一般的にバッテリーの寿命は2~5年程度

車のバッテリーの寿命は車の使い方によっても変わってきますが、基本的には下記が目安とされています。

ガソリン車:2~5年
アイドリングストップ車:2~3年
ハイブリット車:3~5年
輸入車(高性能バッテリー):3~5年

 電圧が12.5Vを下回っている場合は交換のサイン

普通車の場合、バッテリーの正常数値は12.5V~13V未満です。

そのため、計測したバッテリーの電圧が12.5Vを下回っている場合、バッテリーが弱くなっている可能性が考えられます。

ただし、劣化しているバッテリーであっても充電状態が長ければ、表面上は電圧が維持され、一時的に正常数値が出るケースも。この場合は、電気を通す(負荷をかける)と数値が急降下するので注意しましょう。

 バッテリー劣化のサインについて

下記のような症状が見られる場合、バッテリーの劣化が考えられます。

●エンジン始動時の違和感
 →エンジンがかかりにくい、など

●ヘッドライトが暗い

●電気を使用する製品の動きが鈍い
 →車内ライト、パワーウィンドウ、クラクションなど

●停止後に車が動かなくなる

また、バッテリーの寿命を知らせるサインは間接的なものだけでなく、バッテリー本体にも現れます。バッテリー本体が膨らんでいたり液が変色や減少している場合は速やかに交換しましょう。

 高島市でバッテリー交換なら、Quickplus ヤマモトにお任せください

滋賀県高島市にあるQuickplusヤマモト(クイックプラス ヤマモト)は、国の厳しい基準をクリアした指定工場(民間車検場)です。

車検はもちろん、バッテリー交換エンジンオイル交換タイヤ交換といったメンテナンスもお任せください。

タント、プリウス、ミライースといった国産車オールメーカーはもちろん、ベンツ・BMW・アウディなどの輸入車にも対応。軽自動車からハイゼットトラックなどの軽トラまでお任せいただけます。

>> 車検・整備の詳しいページはこちら

無料のご相談はこちらからお気軽に
-高島市・大津市のお客様からのご依頼多数-

  滋賀県高島市 輸入車・国産車の車検・修理はFAIA認定サービス工場へ!
ご相談は無料

滋賀県高島市にあるQuickplus ヤマモトは、輸入車修理に強い指定工場です。輸入車協同組合のFAIA加盟のサービス工場なので、設備力・技術力は地域トップクラス。ベンツ・BMW・アウディなど幅広い輸入車メーカーに対応いたします。修理費用についてのお見積りや、修理期間のご質問もお気軽にどうぞ。

高島市だけでなく、大津市・長浜市・草津市・小浜市・米原市・彦根市のお客様もお待ちしております。

TEL:0740-25-3330

WEBでのお見積りはこちら

車検・整備の他のページ

カートに
入れる
気になる
お電話
メール
公式LINE