高島市 長浜市 修理 ベンツ E350 輸入車 アドブループレヒーター交換 Quickplus ヤマモト

サブページメイン画像

  • HOME
  • 修理
  • 長浜市 修理 ベンツ E350 輸入車 アドブループレヒーター交換

長浜市 修理 ベンツ E350 輸入車 アドブループレヒーター交換

 長浜市にお住まいのH様よりベンツE350アドブループレヒーター交換のご依頼

長浜市にお住まいのH様よりベンツE350チェックランプ点灯でご入庫です。車両診断テストの結果、アドブルーのプレヒーターのトラブルと判断しました。アドブルーのプレヒーターの交換を行います。

なぜチェックランプが点灯したのでしょうか?ディーゼルエンジンは高い燃焼をすると、空気中の窒素が酸化してNOxが作られます。増えるNOxに対して、マフラー内で尿素を噴射することでNOxを窒素と水に分解できて、クリーン性能と燃焼効率向上の両立ができるシステムとなります。これに凍結防止のヒーターがついているのですが、それに機能障害が見つかりチェックランプが点灯したということです。

 アドブルータンクを外していきます

まずはアドブルータンクを外していきます。

上部のキャップを外し、手をつっこんで左にグッと回すと外れます。アドブルータンクを外したら、次はアドブルーの補充を行います。

 アドブルーの補充を行います

付属のパッキン類を交換して、アドブルーの補充を行っていきます。

アドブルーの補充をするタイミングは、車種や走行状況によって異なりますが、1,000キロ走ると約1リットル減ってしまいます。尿素SCRシステムではアドブルーが常に使用されており、徐々に消費されるため定期的な補充が必要です。アドブルータンクアドブルーが無くなるとエンジンが始動できなくなるのでお気をつけください。

補充が終われば、最後にエラーを消して試乗確認して完了です。H様ありがとうございました。

Quickplusヤマモトでは、今回のようにチェックランプが点灯した車も、最新のコンピューター診断機を多数完備しているので細かな不具合を逃さず原因を特定。国産車・輸入車問わず幅広いメーカーに対応いたします。整備歴30年以上のベテラン整備士が丁寧に対応するので修理が上手いのはもちろん、お客様のご要望に合わせた修理をご提供できるのでディーラーよりもお安いんです。

 滋賀県高島市 ディーラーと変わらない修理をご提案 ご相談は無料

滋賀県高島市にあるクイックプラスは、ディーラーと変わらない納得修理をご提案。国産車から、ベンツ・BMW・アウディなどの輸入車まで、幅広いメーカーの修理をお任せいただけます。修理費用についてのお見積りや、修理期間のご質問もお気軽にどうぞ。

TEL:0740-25-3330

>>WEBからのお見積りはこちら

修理の他のページ

カートに
入れる
気になる